2016年12月 5日 (月)

GPIFの持株比率は?

11月25日に、年金積立金管理運用独立行政法人<GPIF>の保有全銘柄(2016年3月末時点)が発表されました。GPIFのWebサイトに行くと、エクセルファイルをダウンロードすることができます。

こういったデータも、四季報CD-ROMに取り込むことが出来ます。エクセルの基本的な操作がわかっていれば、とても簡単です。

ファイルの準備

  1. ダウンロードしてきたファイルの「国内株式」シートを見ます。必要なのは、証券コードと株数ですので、B列とE列意外は削除します。
  2. 次に、単位区切りカンマと混同しないよう、金額区切りのカンマを、全て置換します。
  3. それから、好きな場所に、好きなファイル名で、CSV形式で保存してください。

四季報CD-ROMの操作

  1. 上部メニューの 「ファイル」→「インポートとエクスポート」→「ユーザー保存・取り込み項目」 を選択します。
  2. インポートファイルを選ぶWidowが表示されますので、先ほどつくったファイルを選択します。
  3. 「ユーザー保存・取り込み項目のインポート」画面がひらきます。証券コードの列と、データ列を選択します。

    Import

  4. 「インポート」をクリックします。(存在しない証券コードが含まれています・・・のワーニングが表示されますが、”はい”で処理を進めてください。)
  5. ご自分でわかりやすい項目名(GPIF持株数など)を決めて、「保存」をクリックします。
  6. 「検索パレット」の、「ユーザー保存・取り込み項目」に、先ほどの項目名が表示されているはずです。

3月決算会社であれば、「前期」の発行済株式数と計算して、持株比率を出すことも出来ます。

GPIFはどこをどれくらい買っているのかな?

興味がわきましたら是非、お試しください。

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/34014831

GPIFの持株比率は?を参照しているブログ:

コメント