2011年10月27日 (木)

ある日付以降に会社予想売上高が修正された会社のスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

ユーザーサポートにたまにくる問い合わせに「ある日付(例えば四季報発売日)以降に会社予想が修正された会社を抽出したい」というものがあります。

このスクリーニング条件は、ダウンロード財務の会社予想データが日々更新されていくため、既存のスクリーニング項目だけではできませんが、「ユーザー保存・取り込み項目」として、ある日付時点のデータを保存しておくことで可能となります。

そこで、今日は10月20日以降に会社予想売上高が修正された会社のスクリーニングをご紹介します。

10月20日に特に意味はありません。作成時点の最新の時点だったというだけです。

※2011年4集秋号を使用

まず、データ保存時の最終取り込み済みデータは以下の通りでした。

201110_1

比較に利用するには、決算期と予想売上高が必要ですので、らくらくスクリーニングからデータを表示させ保存します。

  1. 「らくらくスクリーニング」→「ダウンロードデータ項目」→「ダウンロード・財務データ」→「DL・決算期」→「今期本決算予想(0)」を選択し、[検索]ボタンをクリックします。

    201110_2

  2. 件数が表示されるので[表示]ボタンをクリックします。
     
  3. 並び替えの設定画面になりますが、何もしないで[OK]ボタンをクリックします。
     
  4. スクリーニング結果が表示されます。

    201110_3

  5. D列(DL・決算期:今期本決算予想)を選択し、メニューバーの編集から「ユーザー保存・取り込み項目の保存」を選択します(マウスの右クリックでもOKです)。

    201110_4

  6. 「ユーザー保存・取り込み項目の設定」画面が表示されます。そのまま[保存]ボタンをクリックします。

    201110_5

  7. 「ユーザー保存・取り込み項目の保存」画面が表示されますので、分かりやすい名前で保存します(私は「DL決算期10月20日時点」という名前で保存しました)。

    201110_6

  8. 保存した項目は「ユーザー保存・取り込み項目」の部分に表示されます。

    201110_7

  9. 同様に売上高も保存しました。

    201110_8

これで任意の時点のデータ保存は完了です。

保存したデータを使って現在のDL・財務データと比較するために作成した条件は以下の通りです。

No. 条件式名 条件式内容 演算子 条件値
  コード [コード]    
  会社名 [会社名]    
1 今期決算期 [DL・決算期(0)]    
2 最新予想売上高 [DL・売上高(0)] > 0 
3 10月20日時点予想売上高 [★DL売上高10月20日時点] > 0
4 予想売上高修正率(%) ([DL・売上高(0)]/[★DL売上高10月20日時点]-1)*100 <> 0
5 決算期一致条件 [DL・決算期(0)]-[★DL決算期10月20日時点] = 0

●スクリーニング条件作成のポイント

  • 「[★DL売上高10月20日時点]」と「[★DL決算期10月20日時点]」は上記7で保存した項目名にしてください。上の条件式は私の保存した名称で作成しています。
  • 決算期一致条件は、期間内に決算発表があり予想決算期が進んだ会社を除外するためです。
  • 売上高に0より大きいを設定しているのは、売上高の予想がない会社を除外するためです。

1週間経過し、最終取り込み済の時点が更新されました。

201110_9

10月20日と比較して、予想売上高に修正が入った会社は120社でした。

201110_10_2

このように、比較したい時点のデータを保存しておけば、四季報発売日以降に業績を修正した会社の一覧も作成できます。

(編集部O)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/27331079

ある日付以降に会社予想売上高が修正された会社のスクリーニングを参照しているブログ:

コメント