2010年2月15日 (月)

ダウンロード株価が使いやすくなります

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

3月発売の2010年2集・春号で、ダウンロード株価が使いやすくなる変更を行う予定です。

これまでは、ダウンロード株価はデータが追加されていくことを前提としていましたので、発売直後は、古い時点のデータ(1カ月前時点の月足など)は収録されていませんでした。

そのため、発売直前には実行できていたスクリーニング条件が、新しい号をインストールすると実行できなくなるという問題がありました。

株価の場合、データは既存の項目に存在するので、これを代用できないかとシステム開発会社に確認したところ、大丈夫との返事がきたので、次号からそのように変更します。

月足の上昇率を計算するスクリーニング条件式「([DL・月足終値(円)(-1)]/[DL・月足終値(円)(-2)]-1)*100」で具体的にご説明します。

次号の発売日を3月15日です。
発売日時点では、([DL・月足終値(円)(-1)]のデータは、3月12日の終値が収録されています。従来ですと、[DL・月足終値(円)(-2)]はデータが収録されていませんので、実行すると「(エラー)」と表示されます。次号では、対応する「既存の項目」の「月足・終値」のデータを利用します。つまり、[DL・月足終値(円)(-2)]の変わりに[月足・終値(円)(-1)](2月26日の終値)を利用しますので、「(エラー)」と表示されず、月足の上昇率が計算されます。

この仕組みはダウンロードの日付が進めば、対応する項目も進みます(上記の月足株価で説明しますと、4月2日になれば、[DL・月足終値(円)(-3)]は[月足・終値(円)(-1)](2月26日の終値)を利用するようになります)ので、新しい号をインストールしても、条件を変えることなくスクリーニングが行えます

その他、2010年2集・春号では、ユーザーズガイドの刷新(2冊に分かれていたものを再構成して1冊にまとめました)や、デスクトップ上のショートカットアイコンの変更を予定しています。

アイコンについては、こちらの記事をご覧ください。

(編集部O)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/23167663

ダウンロード株価が使いやすくなりますを参照しているブログ:

コメント