2009年11月13日 (金)

次号(2010年1集新春号)新機能紹介(7)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

次号(2010年1集新春号)の新機能紹介の7回目です。

前回は、スクリーニング結果画面のデータを保存する機能をご紹介いたしました。

今日は、ユーザーの皆様が作成されたデータをインポートする機能をご紹介いたします。

この機能は以前、このブログのコメント欄でご要望を頂いたものです。

このブログのコメントとサポートデスクへのメールはいつもチェックしていますので、頂いたご要望は実現できそうかどうかは必ず検討しています。実現できるものはなるべく実現していきたいと考えていますので、是非皆様のご意見・ご要望をお寄せください。

では、ユーザーの皆様が作成されたデータをインポートする機能を紹介いたします。インポートできるデータは数値データ(小数点第10位まで)のみで、必ず証券コードと対になっている必要があります。

例えば、自分の保有銘柄の購入価格をCSVファイルにして以下のようなデータを『会社四季報CD‐ROM』に取り込むことが可能です。

証券コード,購入価格
1301,200
1332,435
1334,180
2121,529000
9997,3250

取り込んだデータはスクリーニング項目として利用できます。

では、取り込む手順をご紹介いたします。

  1. 取り込むファイルを用意します(CSV形式。区切り文字は、カンマ、タブ、セミコロン、スペースのいづれか)。私は上述したファイルを「保有銘柄購入株価.CSV」という名前で作成しました。
     
  2. メニューバーの「ファイル」→「インポートとエクスポート」→「ユーザー保存・取り込み項目」をクリックして、インポートするファイルを選択します。

    Shinkinou71

  3. 「ユーザー保存・取り込み項目のインポート」画面が表示されますので、区切り記号、フィールド名、証券コード列、データ列を選択し、「インポート」ボタンをクリックします。

    Shinkinou72

  4. 「ユーザー保存・取り込み項目の保存」画面が表示されますので、名前をつけて「保存」ボタンをクリックします(私は保有銘柄購入株価としました)。

    Shinkinou73

  5. これで、データの取り込みは完了です。
     
  6. 「スクリーニング条件式の設定」画面の「スクリーニング項目の選択」の「ユーザー保存・取り込み項目」の下に先ほど取り込みました項目名(★保有銘柄購入株価が表示されます。

    Shinkinou74

  7. 利用する際は、他のスクリーニング項目と同様に選択して、「追加」ボタンをクリックすれば利用できます。

尚、ユーザー保存・取り込み項目は1,000項目まで保存できます。

(編集部O)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/22055423

次号(2010年1集新春号)新機能紹介(7)を参照しているブログ:

コメント