2009年11月 4日 (水)

次号(2010年1集新春号)新機能紹介(4)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

次号(2010年1集新春号)の新機能紹介の4回目です。

前回は、四季報画面、詳細画面、スクリーニング結果の拡大表示機能をご紹介しました。

今日は、グループ登録画面の「共通のみ削除」ボタンをご紹介いたします。

グループ登録画面には「共通のみ」というボタンで、2つのグループに共通する会社のみを保存する機能はありました。

ですが、この機能は2つのグループに共通する会社のみにしたい場合(PER15以下のスクリーニング結果のグループとPBR1倍以下のスクリーニング結果のグループを作成し、両方に存在する会社をグループに登録したい場合など)は、便利ですが共通する会社を除外したい場合は利用できませんでした。

投資対象にしたくない会社を抽出する条件式を組み合わせたスクリーニング条件を作成し、そのスクリーニングで抽出された会社は、別のスクリーニング条件で抽出した結果のグループから除外したいという場合、これまでは株主持分比率が50%未満の会社を除外したいという場合は、株主持分比率が50%以上という条件を作成する必要がありました。慣れればすぐに作成できますが、少し慣れるまで時間がかかってしまいます。

そこで、「共通のみ削除」ボタンを追加し、逆のスクリーニング条件を作成する必要はなく、直感的に作成できるスクリーニング条件で抽出した結果のグループを利用して、グループからそういった会社を除外できるようにしました。

Shinkinou41

このボタンは、「グループ候補の会社」に存在する会社を「グループ登録する会社」から削除します。「グループ候補の会社」に除外したい条件のスクリーニング結果の会社を表示した後で、このボタンを押せば、「グループ登録する会社」から削除されますので、簡単に除外することができます。

また、グループの「決算期」フォルダに「期末が月末以外」というグループを追加しました。

Shinkinou42

「共通のみ削除」ボタンを利用すれば、3月決算で、期末が月末の会社(3月31日の会社)をグループとして作成できます(「共通のみ」ボタンを利用すれば、3月決算で期末が月末でない会社(3月20日の会社)もグループとして作成できます)。

(編集部O)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/22053657

次号(2010年1集新春号)新機能紹介(4)を参照しているブログ:

コメント