2009年9月14日 (月)

四季報画面の会社発表予想データの利用について

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

本日、2009年4集秋号が発売になりました。今号もよろしくお願いいたします。

インストールして、四季報画面を表示された方は、業績欄に会社発表予想が掲載されていることに気が付かれたと思います。これによって、会社発表予想に比べて会社四季報編集部の独自予想が強気か弱気か一目で見分けることができます。

会社発表予想をスクリーニングに利用されたい場合は、ダウンロードデータ項目の「ダウンロード・財務データ」からご利用ください。『会社四季報CD‐ROM』は2009年1集新春号から、会社発表予想をダウンロードデータ項目に加えて、スクリーニングに利用できるようにしましたので、今回の変更では、四季報画面以外は変更していません。
また、ダウンロード財務データは、四季報画面にはない、1株益と1株配も収録していますが、四季報画面にある予想発表日と幅あり予想をしているというデータは収録していませんので、スクリーニングには利用できません。

会社発表の予想と会社四季報編集部の独自予想の違いは、ヘルプファイルの目次の使いこなしテクニックから表示できます「会社発表の予想数値と会社四季報編集部の独自予想数値の違い」をご参照ください。

(編集部O)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/21303629

四季報画面の会社発表予想データの利用についてを参照しているブログ:

コメント

y様
四季報予想の数値は「既存の項目」-「一般連結・損益計算書等」などからご利用ください。例えば、売上高の場合、上記フォルダの「連・売上高」を選択して頂くと表示される「来期本決算予想(1)」と「今期本決算予想(0)」が四季報予想です。会社発表予想のように1つのスクリーニング項目に収録されていませんので、注意が必要です。詳しくは、ヘルプファイルの目次の使いこなしテクニックから表示できます「会社発表の予想数値と会社四季報編集部の独自予想数値の違い」をご参照ください。

会社発表予想が「ダウンロード・財務データ」で利用できる事はわかりましたが、一方で四季報予想の数値は、どこから利用すればいいでしょうか?