2009年9月24日 (木)

Q2権利落ち日でも株価が上昇した会社

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

今日は、弊社の『オール投資』2009年10月1日号に紹介されていました、超簡単裏ワザの1つ「間近に迫った配当落ちを狙え!」を参考にしたスクリーニングをご紹介いたします。裏技の詳しい内容につきましては、『オール投資』をご覧ください。

条件は、Q2の権利落ち日(明日9月25日)の夕方にダウンロードデータサービスでデータをダウンロード・更新してから、スクリーニングを行うことを前提として作成してありますので、ご注意ください

※2009年4集秋号を使用。

ファイルは以下のリンクをクリックして保存してください。

20090924BlogSC.tksをダウンロード

まず、作成した条件は以下の通りです。

No. 条件式名 条件式内容 演算子 条件値
  コード [コード]    
  会社名 [会社名]    
1 本決算決算期 [DL四・決算期(0)] >= 201003
2 配当落考慮後前日比(%) (([DL・日足終値(円)(-1)]+[DL四・1株配当2(円)(0)])/[DL・日足終値(円)(-2)])*100-100 > 0
3 前日比(%) [DL・日足終値(円)(-1)]/[DL・日足終値(円)(-2)]*100-100    
4 Q2予想配当利回り(%) [DL四・1株配当2(円)(0)]/[DL・週足終値(円)(-1)]*100    
5 Q2予想1株配当(円) [DL四・1株配当2(円)(0)] > 0
6 日足終値(円) [DL・日足終値(円)(-1)] > 0
7 昨日日足終値(円) [DL・日足終値(円)(-2)] > 0
8 株主優待確定月 [DL・株主優待確定月]    
9 株主優待簡略内容 [DL・株主優待簡略内容]    

●スクリーニング条件作成のポイント

  • No.1は本決算期末が2010年3月の会社を指定しています(明日第2四半期決算期末で、権利落ちするのは3月決算の会社です)。
     
  • No.2は権利落ち額(予想Q2配当金)を株価に足して、配当落ちの影響を除いています。
     
  • No.8、9は株主優待制度の権利確定に伴う落ちもありますので追加しました。
     
  • スクリーニングを行う日を限定するものは、データのダウンロード・更新を行うと時点が進んでいきますので注意が必要です。

予想配当利回りが高い会社や株主優待制度が充実している会社で、権利落ち日に上昇している場合は、大きな買いが入っていると考えることができそうです。

このスクリーニングで抽出された会社を買えば必ず儲かるというわけではございませんので、ご利用の際にはご注意ください。

(編集部O)

2009/9/28追記
条件No.2・3で、100を除算していませんでした。そのため、値下がりした会社も抽出していました。条件は修正し、ダウンロードファイルも修正いたしました。失礼いたしました。

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/21629373

Q2権利落ち日でも株価が上昇した会社を参照しているブログ:

コメント