2009年9月29日 (火)

当期利益以外を利用した株価倍率の計算方法

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

今日は当期利益以外を利用した株価倍率を計算する方法をご紹介いたします。
収録している株式数についての細かい注意点もご説明いたしますので、参考にしてください。

基本的なおさらいですが、PERは以下の計算式で計算します。

PER=株価÷1株当たり利益

『会社四季報CD‐ROM』でPERを計算する場合、ダウンロード日足株価とダウンロード財務データを利用して「[DL・日足終値(円)(-1)]/[DL・1株益(円)(0)]」とすれば、PERが計算できます。

利用した「DL・1株益(円)]」は当期利益の1株当たりの数値ですので、これを経常利益などに変更したい場合は、利益÷株式数で1株当たりの利益を計算する必要があります。

この計算に利用する株式数は、「ダウンロードデータ項目」‐「ダウンロード・株数等データ」‐「DL・最新株数(株)」(以下ダウンロード株数)に収録されています。

ダウンロード株数で、注意していただきたい点は、ここで「当期利益(0)*1000000÷DL・最新株数(株)(-1)」と条件式を作成し計算しても、スクリーニング項目の「DL・1株益(円)(0)」の数値とは一致しないという点です。
一致しない大きな要因は自己株の取り扱いと未来の株式数異動情報の反映の有無です。
ダウンロード株数は自己株を含んだ発行済株式数ですが、「DL・1株益(円)」の計算に利用している株式数は、自己株を控除しています。
また、決算期末までに公募などで株数が増加する場合、「DL・1株益(円)」はその増加分を含んで計算しますが、ダウンロード株数は先週末時点の株数を収録していますので、反映されていません。

以上、ダウンロード株数を利用した株価倍率の計算方法をご紹介しました。

ですが、もっと簡単に株価倍率が計算できる方法が実はあります。それは時価総額を利用して計算する方法です。

計算式は「PER=時価総額÷利益」です。

時価総額は「時価総額=株価×株式数」で計算できます。上記計算式の時価総額部分を変更しますと、「PER=(株価×株式数)÷利益」です。式を整えると「PER=株価÷(利益÷株式数)」になり、PERの式になります。

時価総額を利用すれば、営業利益、営業CF、売上高などを使って簡単に株価倍率が計算できます。

尚、『会社四季報CD‐ROM』に収録している時価総額は、「ダウンロード株価×ダウンロード株数」で計算していますので、上述した「DL・1株益(円)」との不一致が発生しますので、ご注意ください。

(編集部O)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/21778531

当期利益以外を利用した株価倍率の計算方法を参照しているブログ:

コメント