2009年4月

2009年4月30日 (木)
2009年4月28日 (火)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

サポートにZ値について質問をいただきました。
2008年10月3日の投稿「倒産判別アルトマンのZ値のスクリーニング」で説明をしていますので、こちらが参考になると思います。
今日は、前回の投稿では省略していました、アルトマンのZ値を表示するスクリーニングの作成方法をご紹介いたします。

※2009年2集春号を使用。

続きを読む »
2009年4月23日 (木)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

決算発表が始まったと4月21日の投稿に書きましたが、取引所の方針もあって、発表時期は早くなりました。
私が入社した当時(もう10年以上前の話ですが...)は、4月下旬は証券会社と電機会社の発表があるくらいで、ゴールデンウィーク明けからデータの入力が本格したものです。

ところが、昨年から決算期末日から、45日以内に発表となったため、4月28日、29日は1日約130社、連休の狭間の5月1日でも約30社、ピークは5月11日から5月15日で、期末日から45日目である5月15日は約630社の発表が予定されています。

続きを読む »
2009年4月21日 (火)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

3月期決算会社の決算発表が始まりました。
そこで、会社発表業績予想の上期経常利益額の通期に対する比率を表示する方法をご紹介いたします。

まずは結果をご覧ください。

2009_4_5_1

※会社発表業績予想の上期経常利益額の通期に対する比率を表示するスクリーニング。最新財務データは2009年4月16日時点。2009年2集春号を使用。

続きを読む »
2009年4月17日 (金)
2009年4月10日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

先日、我が家にも定額給付金申請の書類が郵送されてきました。
1人につき、1万2千円(65歳以上、および18歳以下は2万円)のこの定額給付金、麻生首相は国民が参加できる景気対策といっています。
では、景気対策と株価対策をかねて、定額給付金で株を買うとするとどれくらいの銘柄が対象になるのでしょか?
今回は最低購入金額が1万2千円以下の会社のスクリーニングをご紹介します(手数料は無視します)。

まずは結果をご覧ください。

2009_4_4_6

※最低購入金額が1万2千円以下の会社をスクリーニング。
最新株価データは2009年4月10日時点。2009年2集春号を使用。画像をクリックすると拡大します。

続きを読む »
2009年4月 7日 (火)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

前回の更新の最後に書きました「抽出結果をグループ登録して既存条件でさらに絞り込む」という方法をご紹介いたします。
前回作成しました「前期の予想数値が四季報予想と会社発表予想が同じで、かつ今期が増益予想の会社のスクリーニング」の結果を既存条件「最新・主要な指標による複合スクリーニング(会社予想、DL後)」で絞り込んでみます。

絞り込んだ結果、3社が抽出されました。結果は実際に試して確認してください。

※最新財務データは2009年4月2日時点。最新株価データは2009年4月6日時点。2009年2集春号を使用。

続きを読む »
2009年4月 3日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

4月ということで、3月決算会社は新年度入りです。株価は既に今期の業績に注目して動いています。『会社四季報』は2期予想していますので、春号で今期の予想を掲載しています。ですが、予想時点はあくまで3月上旬ですので、その後の環境の変化は織り込めません。

『会社四季報CD‐ROM』は、会社が発表している業績予想を利用でき、その数値は毎週更新されています。
そこで、前期の予想数値が四季報予想と会社発表予想が同じであれば、その会社については、四季報予想の前提条件が崩れていないと仮定して、前期の予想数値が四季報予想と会社発表予想が同じで、かつ今期が増益予想の会社のスクリーニングをご紹介します。

まずは結果をご覧ください。

2009_4_2_10

※会社予想と四季報予想の営業利益が同額で、今期が増益、かつ前期、今期とも黒字の会社をスクリーニング。
最新財務データは2009年4月2日時点。2009年2集春号を使用。画像をクリックすると拡大します。

続きを読む »
2009年4月 1日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

本日、メンバーの入れ替えがあり、編集長も交代しました。後任のOといいます。
09年新春号のリニューアルで、スクリーニング機能等を強化しましたが、これに満足せず、さらに『会社四季報CD‐ROM』をよりよい商品にしていきたいと思います。
今後とも『会社四季報CD‐ROM』をよろしくお願いいたします。

続きを読む »