2008年12月21日 (日)

海外売上高比率のスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

世界的な経済環境の悪化で、上場企業の業績も急激に悪化しています。
特に、これまで海外で高い収益を上げていた会社の影響は大きそうです。

今日は、今回から新しく登場した3期分の海外売上高比率データを使って、売上高が1000億円以上で海外売上高比率が高い会社のスクリーニングをご紹介します。

まずは結果をご覧ください。

20081221_out
※前期の海外売上高比率が高い順に5社を表示。売上高は1000億円を超える会社が対象。2009年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

 

では、作り方をご説明します。

  1. 検索パレットの「スクリーニング」をクリックします。

  2. 「スクリーニング条件一覧」を表示して、「新規作成」をクリックします。
     
  3. 「スクリーニング条件の選択」画面で「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「スクリーニング条件式の設定」画面が開きます。

    「一般連結・財務指標等」→「連・海外売上高比率(%)」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20081221_1

  5. 「No.」の「2」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。
     
    「一般連結・財務指標等」→「連・海外売上高比率(%)」→「2期前本決算(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20081221_2

  6. 「No.」の「3」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。
     
    「一般連結・財務指標等」→「連・海外売上高比率(%)」→「3期前本決算(-3)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20081221_3

  7. 「No.」の「4」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。
     
    「一般連結・損益計算書等」→「連・売上高」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>」、条件値を「100000」にして「OK」をクリックします。

    20081221_4
    ※売上高1000億円を超える会社を表示します

  8. 「オプション(O)」をクリックし、第1キーで連・海外売上高比率(%)(-1)を選び、「降順」にします。

    20081221_opt

  9. 「件数検索」をクリックすると該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」をクリックします。
     
  10. 「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選び「表示(V)」をクリックすると結果が表示されます。

●ワンポイント
海外売上高比率はセグメント情報のデータを収録しています。3期分ありますのでいろいろなスクリーニングができます(四季報誌面の海外売上比率より使える情報です)。

さて、最近の世界的な金融危機で海外売上高比率が高い会社は軒並み苦境に陥っています。

しかし、人口減少、国・地方合わせて800兆円を超える先進国一の巨額な負債など日本の先行きも決して明るいものではありません。
(最近はばら撒きも始まってますし、さらに負債は増えそうです・・・)
日本国内だけでやっている企業は一部例外はあるでしょうが、ジリ貧になるケースが多いと思われます。

一方、海外でも売れる力を持つ企業というのは今後も成長が期待できます。
一時的には業績は悪化しているかもしれませんが、将来を見据えると海外売上高比率が高い会社はやはり有力な投資候補になるのではと思います。

(編集部K)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/17501556

海外売上高比率のスクリーニングを参照しているブログ:

コメント