2008年11月10日 (月)

09年1集からのスクリーニング項目一覧をこっそりご紹介します。

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

『会社四季報CD‐ROM』のリニューアルも最終段階に入ってきました。
今回のリニューアルの最大の変更点は何度も何度もご紹介していますが、大幅に増加したスクリーニング項目です。

 

今日は、このブログをご覧の方にだけこっそりと新項目一覧をご紹介します。
こちらをクリックしてください。
※本番に使用する予定のスクリーニング項目一覧です(2008年11月10日時点)。今後、一部変更する場合もありますのでご了承ください

 

さて、先日、リニューアル後の『会社四季報CD‐ROM』のスクリーニング項目を集計してみました。
すると、974項目ありました。

08年4集は668項目ですので、単純に比較すると、45.8%増となります。

ただ、この項目数は一般事業会社の売上高、銀行の経常収益、証券会社の営業収益などを別項目として計算しています。
(連結・単独もそれぞれ別項目です)
また、四半期決算の第1四半期の売上高、第2四半期の売上高なども別項目扱いです。

 

こうした項目を同じにするか別にするかで数字は結構変わるのですが、今回は全部含めました。
できるだけ多く見せるのは宣伝の常套手段ということで、これからは、この数を公式のスクリーニング項目数としたいと思います。

あと、26項目増やして、1000項目にしたいという気持ちもありますが、これは今後の課題とさせてください。


(編集部K)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/17024554

09年1集からのスクリーニング項目一覧をこっそりご紹介します。を参照しているブログ:

コメント

日付指定で株価が分かるといいですねぇ

2/28の天井を付けた日から一番下げた銘柄は何なのか
10/31の底を付けた日から一番反発した銘柄は何なのか

今は月単位でしか分かりませんからね

項目数の増加はそれはそれで嬉しいのですが、
多くの3期分のデータを5期分にしてもらうほうが良かったです。