2008年8月22日 (金)

■09年1集版スクリーニング②:1株純資産増加率(10年前比)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

本日は、09年1集版スクリーニングの2回目、1株純資産の増加率(成長率)のスクリーニングをご紹介します。

リニューアル後は、株式分割などを調整した1株利益、1株純資産、1株営業CFがスクリーニングに使えるようになります。
もちろん調整前の数字も使えます。

今回は、調整後の1株純資産を使ってスクリーニングしてみます。

 

では、作り方をご説明します。

  1. 「スクリーニング」ボタンをクリックします。
     
  2. 「スクリーニング条件の選択」から「新規(N)」をクリックします。
     
  3. 「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「主要項目」→「連・修正・1株当り純資産(円)」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、同じ「主要項目」→「連・修正・1株当り純資産(円)」から「10期前本決算(-10)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    条件式内容の最初に「((」を入力し、「+」「/」に修正します。最後に)^(1/10)-1)*100を追加します。

    条件式名を「複利・連結1株純資産成長率(%)」にして、「OK」をクリックします。

    20080822_1_2
    ※複利という名前はこちらを参考につけました

  5. 「No.」の「2」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「連・修正・1株当り純資産(円)」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、同じ「主要項目」→「連・修正・1株当り純資産(円)」から「10期前本決算(-10)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    条件式内容の最初に「((」を入力し、「+」「/」に修正します。最後に*100-100を追加します。

    条件式名を「連結1株純資産成長率(%)」にして、「OK」をクリックします。

    20080822_2_2

  6. 「No.」の「3」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「連・修正・1株当り純資産(円)」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    20080822_3_2

  7. 「No.」の「4」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。
     
    「主要項目」→「連・1株当り純資産(円)」→「10期前本決算(-10)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    20080822_4_2

  8. 「No.」の「5」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「連結・決算期」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20080822_5_2

  9. 「No.」の「6」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。
     
    「主要項目」→「連結・決算期」→「10期前本決算(-10)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20080822_6_2

  10. 「オプション(O)」をクリックし、第1キーで複利・1株純資産成長率(%)を選び、「昇順」にします。

    20080822_opt_2

  11. 「件数検索」をクリックすると該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」をクリックします。

  12. 「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選びます。続いて「表示(V)」をクリックします。

    20080822_trg

  13. 結果が表示されます。

    20080822_out_2
    ※2008年12月発売予定。『会社四季報CD‐ROM』2009年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

※画像はXPマシンで取りました。

(編集部K)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/15632286

■09年1集版スクリーニング②:1株純資産増加率(10年前比)を参照しているブログ:

コメント