2008年7月 9日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』はスクリーニングツール?

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。


ときどき初対面の方と『会社四季報CD‐ROM』についてお話する機会があります。
こういうときによく感じるのが、
「『会社四季報CD‐ROM』 = 『会社四季報』をPCで見ることができるだけのソフト」と思われている方が多いということです。

特に、株式投資をされていない方と話すとその傾向が強いようです。

私は、
『会社四季報CD‐ROM』 = 『会社四季報』も見られるスクリーニングツール
という認識でいますので、このギャップは大きいなとよく思います。
(まだまだスクリーニングの知名度は低いようです)

「5880円もする商品ですから、四季報がただパソコンで見られるだけでは誰も買ってくださらないだろう」と私は強く信じているのですが、
こうした方とお話していると「ひょっとするとそうでもないのかもしれない」と考えることがあります。

例えば、

  • スクリーニング機能は簡易スクリーニングだけにする。
  • 詳細データはやめる。
  • チャートはWEBでリンク機能にする。
  • 価格を下げる。

なんていう方法が考えられるかもしれません。

しかし、安く提供というのは他の無料サービスなどとも競合しますし、実際のところはどうなんでしょうかね?

少なくとも言えることは、
8年近くスクリーニングにどっぷり浸かっている私には機能を削ぎ落とした商品を考えるのはムリだろうということです。

企画書を出すたびに仕組みが複雑になっていきそうな気がします・・・

(編集部K)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/13039760

『会社四季報CD‐ROM』はスクリーニングツール?を参照しているブログ:

コメント