2008年5月

2008年5月31日 (土)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

2008年3集夏号の作業がピークとなってきました。

といっても、4集秋号の作業もピークが続いており、バタバタと仕事をしています。
6月中旬にはいよいよ新スクリーニング機能が搭載されたベータ版が届きます。
(これで全機能搭載となります)

6月中旬以降はスクリーニング機能のチェックに、さまざまな収録データのチェック、ユーザーズガイド・ヘルプファイル作成、新パッケージのデザイン検討・・・

やることが山積みで頭の中がゴチャゴチャしてきました。

早く皆さんにスクリーニング機能をご紹介したいと思っていますので、お楽しみにどうぞ。
ところで、先日コメントでご要望を2ついただきました。

続きを読む »
2008年5月28日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

またまた先週にアップできずに申し訳ございません。

バタバタしていたのもあるのですが、投信比率を使って何をご紹介しようかなとしばらく考えていました。

いろいろやってみた結果、今日は投信比率を使った「投信組入時価総額のスクリーニング」をご紹介することにしました。

これを見れば、金額ベースで投信に多く組み込まれている銘柄がある程度わかります。
対象は1部にすると大きい会社ばかり出てくるので、今回は2部の会社を中心にスクリーニングしてみました。

まずは、結果をご覧ください。

20080528_out
※投信組入時価総額が高い順に表示。時価総額は2008年5月16日時点。2008年2集春号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2008年5月21日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

2008年4集秋号のリニューアルからDLデータに追加するベータ値がほぼ完成しました。

まだ、月足で株価がつかなかった場合などのチェックが多少残っているのですが、これからダウンロード月足株価(ベータ値はここに入ります)を毎週作っていく時に少しずつ見ていこうと思っています。

 

当初はこのデータはきちんとできるか少し不安でしたが、なんとか完成にこぎつけました。
(ちなみに、他の時価総額、サイコロジカル値、RSIはできあがっています)

続きを読む »
2008年5月19日 (月)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

先週はバタバタしていて、スクリーニングのご紹介ができませんでしたので今週は2つご紹介したいと思います。
今日は、投信比率が高い会社をスクリーニングしてみます。
まずは結果をご覧ください。

20080519_out
※投信比率が大きい順に20社表示。2008年2集春号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2008年5月15日 (木)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

先日、「CDという形ではなく、ダウンロードで『会社四季報CD‐ROM』を提供できないのか」というお問い合わせをコメントでいただきました。

 
現在の『会社四季報CD‐ROM』はCDに収まっている状態ですから、せいぜい600Mくらいのデータ量です。
ブロードバンド化も進んでいますのでむずかしくない話のように思えますが、現時点ではネットによる販売の予定はありません。
申し訳ございませんが、ご了承ください。

続きを読む »
2008年5月 9日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

最近、外国人投資家の日本株への関心が復活してきたという話が出てきています。
そこで、今日は「外国人持ち株比率増加幅が10%以上の会社のスクリーニング」をご紹介したいと思います。
まずは結果をご覧ください。

20080509_out
※外国人持ち株比率増加幅の高い順に10社表示。2008年2集春号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2008年5月 7日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

先日、「四季報予想と会社発表予想の倍率を作りたい」というお問い合わせをコメントでいただきました。

倍率を作れば、四季報予想の方が強気の会社などを簡単に見つけることができます。

『会社四季報CD‐ROM』は週1回DLで業績データを更新していますが、この予想データは会社発表予想です。
これを使えばできそうに思えますが、実は現状はDLした業績データはスクリーニングに使うことができません。

続きを読む »
2008年5月 2日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

先日の新聞にネットキャッシュと時価総額を使ったランキングが載っていました。

これを見て、2年ほど前に今号の注目スクリーニング「時価総額がネットキャッシュより少ない会社」というスクリーニングをご紹介したことを思い出しました。
2006年4集秋号でした)

 

ということで今日は、このスクリーニングをご紹介します。
まずは結果をご覧ください。

20080502_out
※時価総額・ネットキャッシュ倍率が低い順に30社を表示。株価、株数は2008年4月25日時点。2008年2集春号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2008年5月 1日 (木)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

まず、一点ご報告です。
以前、コメントでご要望いただきました日足、週足、月足の始値、高値、安値のスクリーニングは08年4集秋号から行えるようになります。
ぜひご活用ください。

 

さて、今日は売上高原価率のスクリーニングをご紹介します。
最近、大豆や小麦などの食料、鉄鉱石や石炭などの資源の値上がりが盛んに報じられています。
こうした値上がりは原料として使用する企業にとっても大きな負担になります。

原料高になると、同じ売上高では利益は減ってしまいます。
負担分を単価アップで対応できればいいのでしょうが、企業間の競争も激しくなかなかむずかしいようです。
(値上げすると販売量が減ることも少なくないようです)

売上高原価率は売上原価÷売上高×100で計算しますが、この比率が高い会社は原料高の影響を受けやすくなります。

上場企業の中には、この数字が100を超える会社が18社あります(連結ベース)。
売上高-売上原価-販売費・一般管理費 =営業利益 
ですので、「売上原価が売上高を上回る状態」は危機的状況といえるでしょう。

 

まずは結果をご覧ください。

20080501_out
※売上高原価率の高い順に30社表示。『会社四季報CD‐ROM』2008年2集春号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »