2008年3月

2008年3月28日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

今日は6期連続増配で低PERの会社のスクリーニングをご紹介します。

 

まずは結果をご覧ください。
ただし、現状の『会社四季報CD‐ROM』の限界で、権利落ちで減配扱いになっている会社もありますのでご注意ください。

20080328_out_3
※来期予想PERが低い順に5社を表示。株価は2008年3月28日時点。2008年2集春号を使用。画像をクリックすると拡大します



続きを読む »
2008年3月27日 (木)
2008年3月26日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

最近、時々お問い合わせをいただいていますが、リニューアルは2008年4集秋号(9月中旬発売)からです。
申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください。

 

この4集に向けてデータ作成が本格化してきました。いろいろ新規データを開発する必要があり、システム担当者と日々打ち合わせをしています。

続きを読む »
2008年3月19日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

今日は、この長いタイトル(しかもネーミングセンスがあまり感じられない)
5期連続増収増益、3期連続ROE10%以上なのに配当利回り3%以上でPER15倍以下の割安銘柄のスクリーニング
をご紹介します。

増益は営業利益を使いました。
では、作り方をご説明します。

続きを読む »
2008年3月18日 (火)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

5期連続増収増益、3期連続ROE10%以上なのに配当利回り3%以上でPER15倍以下の割安銘柄のスクリーニングを作りました。

しかし、画像や文章が間に合いませんでした。
申し訳ございませんが、ご紹介は明日にします。

続きを読む »
2008年3月17日 (月)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

本日は『会社四季報CD‐ROM』2008年2集春号の発売日です。
画像も春らしく変えてみました。いかがでしょうか?

 

日経平均は12000円を割り、相場環境ははっきり言って最悪ですが、こういうときこそスクリーニングの出番ではないかと思います。

続きを読む »
2008年3月15日 (土)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

すごい円高になっています。
前回100円を割ったのは1995年11月だそうですから、12年4ヵ月ぶりということになります。
私はちょうどその年の春頃に海外旅行に行きましたが、確か1ドル85円くらいだったと思います。海外旅行に行くにはいい時期でした。

 
しかし、円高は輸出企業などが大きな影響を受けるといわれます。

『会社四季報CD‐ROM』には海外売り上げ比率を収録しています。
今日は、海外売上比率が高い会社をスクリーニングしてみましょう。

 

まずは、結果をご覧ください。

20080315_out
※海外売上比率(一部輸出比率)が高い順に20社を表示。2008年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2008年3月14日 (金)

『会社四季報』編集部です。

 

いよいよ『会社四季報』2008年2集春号の発売日(3月17日月曜日)が近づいてきました。
春号の特徴はズバリ来期(2009年3月期)予想です。

3月決算会社の今期(2008年3月期)業績はほぼ固まりつつあり、株式市場の焦点も来期業績見通しに移ってきました。原油価格の高騰や為替の円高傾向が続いていることから、企業経営者の多くは来期業績見通しを慎重に見ているようです。

続きを読む »

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

先週の有利子負債ゼロで高ROE会社のスクリーニング

「[連・ROE・平均(%)(-1)]  <> - は何をしているのでしょうか?」
というご質問をサポート・デスクにいただきました。

これは説明不足でした。たいへん申し訳ございません。

「-」は該当がないことを意味します。

  • 単独のみ実施会社で計算できない
  • 直近は連結決算でもその期は単独決算
  • 上場前でデータがない
  • 債務超過で分母の株主持分がマイナスになっている

などがあります。

 

ここは、3期平均のROEを計算していますので、3期分揃っている会社を選ぶ必要があります。いつもなら「 >  0 」を使うのですが、ROEがマイナスの場合も計算に含めたいと考え、該当のない会社だけ除外しました。

しかし、これは説明不足でした。
以後、気をつけます。

※先週の記事にも追加しておきました

(編集部K)

2008年3月12日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

今週の週刊東洋経済2008年3月15日増大号の第一特集は「企業価値を見抜く方法」です。

表紙には「電卓一つであなたもアナリスト!」とでかでかとあり、同じ社内で手前味噌になりますが、なかなかおもしろい特集だと思いました。

続きを読む »