2008年2月22日 (金)

有利子負債ゼロのスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

今日は、有利子負債ゼロのスクリーニングをご紹介します。
まずは結果をご覧ください。

20080222_out
※有利子負債ゼロの会社を証券コード順に30社表示。2008年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

では、作り方をご説明します。

  1. 「スクリーニング」ボタンをクリックします。
     
  2. 「スクリーニング条件の選択」から「新規(N)」をクリックします。
     
  3. 「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「一般連結・貸借対照表等」→「連・有利子負債」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
     
    演算子を「=」、条件値を「-」にして「OK」をクリックします。

    20080222_1

  5. 「No.」の「2」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「一般連結・貸借対照表等」→「連・有利子負債」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
     
    演算子を「=」、条件値を「0」にして「OK」をクリックします。

    20080222_2

  6. 「No.」の「3」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「一般連結・貸借対照表等」→「連結・決算期」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20080222_3

  7. 「No.」の「4」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「一般連結・貸借対照表等」→「連結・決算月数」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
     
    演算子を「>」、条件値を「0」
    にして「OK」をクリックします。

    20080222_4

  8. スクリーニング条件の設定画面に戻ります。

    「No.」の「2」の表示のチェックを外します。

    スクリーニング条件式の関係で「1 AND 2」を「(1 OR 2)」に修正します(ここは半角ですので気をつけてください)

    これで「-」と「0」の両方が表示されます。

    20080222_opt

  9. 「件数検索」をクリックすると該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」をクリックします。
     
  10. 「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選び「表示(V)」をクリックすると結果が表示されます。

○ワンポイント

有利子負債の定義は以下の通りです。

有利子負債は、支払利息の生じる負債の合計を示します。短期借入金、長期借入金、新株予約権付社債が含まれます。SEC方式の会社の場合、短期債務、長期債務も含みます。受取手形割引高、社内預金は算入していません。
(ヘルプファイルから抜粋。詳しくはキーワードで有利子負債を検索してください)


『会社四季報CD‐ROM』では、有利子負債がゼロの会社は「‐」となっています。

この「‐」は他にもいろいろ使われていますが、基本的な意味は該当がないことを示します。

有利子負債の該当がないというのは、上記の有利子負債を構成する各項目(短期借入金など)が決算短信に存在しないということです。

ただ、中には金額が小さくて「その他」として表示されているケースもありますので、必ずゼロというわけではありません。

注意が必要なのが、連結決算を実施していない会社は「‐」になっているということです。
これは、スクリーニングの際に、別項目で連結決算実施会社のみを表示させるようにします。

あと、「数字がゼロになっている会社との違いは何か?」というお問い合わせもよくいただきます。

数字がゼロになっている会社は、

  1. 100万円に満たないものを切り捨ててゼロになっているケース
    (有利子負債が89万円など)
  2. 決算短信で借入金などがゼロとなっているケース
    (今回の該当2社はこちらでした)

の2通りのパターンです。

今回はこの「ゼロ」の会社も同時に表示させるスクリーニングとなっています。

(編集部K)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/11847314

有利子負債ゼロのスクリーニングを参照しているブログ:

コメント