2008年2月29日 (金)

購入金額が低い会社のスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

明日から3月です。
我が家には4歳の娘がいますが、明日は雛人形飾りの手伝いをさせられそうです。
(本来はもっと早く出すべきなのでしょうが・・・)

前にも書きましたが、桃の節句は旧暦(今年は4月8日)の方があっていると思います。
新暦だと「梅の節句」と言った方がよいのかもしれません。

 

さて、3月は多数の会社が決算を迎える月です。
3月の権利確定日までに株式を購入すれば、わずかな保有期間で配当や優待が手に入ります(その分、株価が上がることも多いですが)。
 

今日は、「10万円以内で買える銘柄」をスクリーニングしてみます。
これだけで選ぶのは危険ですが、購入候補の参考になるかもしれません。
まずは結果をご覧ください。

20080229_out
※購入金額が低い順に30社表示。株価は2008年2月29日時点。2008年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

では、作り方をご説明します。


  1. 「スクリーニング」ボタンをクリックします。
     
  2. 「スクリーニング条件の選択」から「新規(N)」をクリックします。
     
  3. 「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「ダウンロード株価データ」→「DL・日足終値(円)」→「直近DL(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「会社基本情報」→「最新売買単位(株)」→「(直近)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    条件式内容の「+」「*」に修正します。

    条件式名を購入必要金額(円)」にして、演算子を「<=」、条件値を「100000」にして「OK」をクリックします。

    20080229_1

  5. 「No.」の「2」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「ダウンロード株価データ」→「DL・日足終値(円)」→「直近DL(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>」、条件値を「0」にして、「OK」をクリックします。

    20080229_2

  6. 「No.」の「3」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。
     
    「会社基本情報」→「最新売買単位(株)」→「(直近)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20080229_3

  7. 「オプション(O)」をクリックし、第1キーで購入必要金額(円)を選び、「昇順」にします。

    20080229_opt

  8. 「件数検索」をクリックすると該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」をクリックします。
     
  9. 「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選び「表示(V)」をクリックすると結果が表示されます。

(編集部K)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/11973282

購入金額が低い会社のスクリーニングを参照しているブログ:

コメント