2007年12月21日 (金)

益回り4期連続8%以上で配当利回り3%以上の会社のスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

最近、思いつくままにスクリーニングをやっていると、たくさんの会社がひっかかります。
もちろん、それらがすべて割安というわけではありませんが、
個別に四季報画面や詳細画面を見ていくとお買い得な銘柄がかなり含まれているように思えます。
 

本当にスクリーニングしやすい時期だと思います。

さて、今日は益回り4期連続8%以上で配当利回り3%以上の会社のスクリーニングをご紹介します(4期には今期を含みます)。

益回りは時価総額に対して当期利益がどれだけあるかを見る指標です。

当期利益は配当にも内部留保にも使えますので、
簡単にいえば、「その会社を買収したらどれだけ稼げるか」を示しているということです。

ちなみに益回りは1株益÷株価と計算することもできます。
分母と分子を逆にすると株価÷1株益です。

見覚えがありませんか?
益回りはおなじみPERの逆数です。

「益回り8%以上」は「PER12.5倍以下」ということになります。
今日のスクリーニングの該当会社は低PERの高配当銘柄ということもできます。
 

では、配当利回りが高い順に上位3社の結果をご覧ください。

20071221_out_2
※今期・配当利回りの高い順に3社を表示。株価は2007年12月21日時点。2008年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

 

では、作り方をご説明します。

  1. 「スクリーニング」ボタンをクリックします。
     
  2. 「スクリーニング条件の選択」から「新規(N)」をクリックします。
     
  3. 「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「主要項目」→「連・1株配当(円)」→「今期本決算予想(0)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
       
    続いて、「ダウンロード株価データ」→「DL・日足終値(円)」→「直近DL(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
       
    条件式内容の「+」「/」に修正します。最後に「*100」を追加します。
       
    条件式名を「今期・配当利回り(%)」、演算子を「>=」、条件値を「3」にして「OK」をクリックします。

    20071221_1

  5. 「No.」の「2」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「連・当期利益」→「今期本決算予想(0)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「ダウンロード株価データ」→「DL・週足終値(円)」→「1週前DL(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「ダウンロード株数データ」→「DL・最新株数(株)」→「1週前DL(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    20071221_2

  6. [連・当期利益」(0)]と[DL・週足終値(円)(-2)]の間の「+」「/(」に修正します。

    続いて、[DL・週足終値(円)(-2)]と[DL・最新株数(株)(-2)]の間の「+」「*」に修正します。

    最後に「/1000000)*100」を追加します。

    ※[DL・週足終値(円)(-2)*[DL・最新株数(株)(-2)]は円単位の時価総額です。当期利益は100万円単位ですので、「1,000,000」で割って時価総額も100万円単位にします

    条件式名を「今期・予想益回り(%)」、演算子を「>=」、条件値を「8」にして「OK」をクリックします。

    20071221_3

  7. 「No.」の「3」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「連・当期利益」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
       
    続いて、「株価関連」→「期末時価総額」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
       
    条件式内容の「+」「/」に修正します。最後に「*100」を追加します。
       
    条件式名を「前期・益回り(%)」、演算子を「>=」、条件値を「8」にして「OK」をクリックします。

    20071221_4
    ※期末時価総額は計算値がありますのでそのまま使います

  8. 「No.」の「4」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「連・当期利益」→「2期前本決算(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
       
    続いて、「株価関連」→「期末時価総額」→「2期前本決算(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
       
    条件式内容の「+」「/」に修正します。最後に「*100」を追加します。
       
    条件式名を「2期前・益回り(%)」、演算子を「>=」、条件値を「8」にして「OK」をクリックします。

    20071221_5
    ※期末時価総額は計算値がありますのでそのまま使います

  9. 「No.」の「5」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。
     
    「主要項目」→「連・当期利益」→「3期前本決算(-3)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
       
    続いて、「株価関連」→「期末時価総額」→「3期前本決算(-3)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
       
    条件式内容の「+」「/」に修正します。最後に「*100」を追加します。
       
    条件式名を「3期前・益回り(%)」、演算子を「>=」、条件値を「8」にして「OK」をクリックします。

    20071221_6
    ※期末時価総額は計算値がありますのでそのまま使います

  10. 「No.」の「6」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「ダウンロード株価データ」→「DL・日足終値(円)」→「直近DL(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>」、条件値を「0」にして、「OK」をクリックします。

    20071221_7
    ※日足株価のつかない会社を除外します

  11. 「No.」の「7」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「ダウンロード株価データ」→「DL・週足終値(円)」→「1週前DL(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>」、条件値を「0」にして、「OK」をクリックします。

    20071221_8
    ※時価総額の計算に使った週足株価がつかなかった会社を除外します

  12. 「No.」の「8」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「連結・決算期」→「今期本決算予想(0)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。
     
  13. 「オプション(O)」をクリックし、第1キーで「今期・配当利回り(%) 」を選び、「降順」にします。

    20071221_opt

  14. 「件数検索」をクリックすると該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」をクリックします。
     
  15. 「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選び「表示(V)」をクリックすると結果が表示されます。 


●ワンポイント

昔、学生の頃に経済学の教科書に株式益回りという言葉が出てきました。
(イールドスプレッドの説明だったと思います)

そこに株式益回りはPERの逆数とも書かれていて、株式投資に縁のなかった私はよく理解できずに何となく益回りという言葉を使っていました。

その後、東洋経済に入社してある先輩がこんなことを言っていました。

お前が上場企業の全株式を買ったら自分のものだろう。
そしたら、その会社が稼いだ税引き後の利益はお前のものだ。
だから、当期利益÷時価総額は株式の利回りなんだよ。

というようなことを言われてスッキリしたことを覚えています。
PERより直感的に分かりやすい指標のような気もします。

(編集部K)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/10867654

益回り4期連続8%以上で配当利回り3%以上の会社のスクリーニングを参照しているブログ:

コメント