2007年12月

2007年12月28日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

今年最後のスクリーニングは、
4期連続増収増益で配当利回り3%以上の会社のスクリーニングをご紹介します。

増益は営業利益を使いました。該当は26社でした。
配当利回りの高い順に10社ご覧ください。

20071228_out_3
※今期・配当利回りの高い順に10社を表示。株価は2007年12月28日時点。2008年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

※1位のSHOEIは07年12月末日割り当ての分割(1:2)で株価が下がっています。このような会社にはご注意ください

続きを読む »
2007年12月26日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

年末年始のCD‐ROMサポート・デスクへのお問い合わせについてご案内いたします。

明日27日午後から1月6日までにいただいたお問い合わせは7日以降のご回答になります。
どうぞご了承ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.toyokeizai.co.jp/nenmatsu2008.html

2007年12月21日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

最近、思いつくままにスクリーニングをやっていると、たくさんの会社がひっかかります。
もちろん、それらがすべて割安というわけではありませんが、
個別に四季報画面や詳細画面を見ていくとお買い得な銘柄がかなり含まれているように思えます。
 

本当にスクリーニングしやすい時期だと思います。

さて、今日は益回り4期連続8%以上で配当利回り3%以上の会社のスクリーニングをご紹介します(4期には今期を含みます)。

益回りは時価総額に対して当期利益がどれだけあるかを見る指標です。

当期利益は配当にも内部留保にも使えますので、
簡単にいえば、「その会社を買収したらどれだけ稼げるか」を示しているということです。

ちなみに益回りは1株益÷株価と計算することもできます。
分母と分子を逆にすると株価÷1株益です。

見覚えがありませんか?
益回りはおなじみPERの逆数です。

「益回り8%以上」は「PER12.5倍以下」ということになります。
今日のスクリーニングの該当会社は低PERの高配当銘柄ということもできます。
 

では、配当利回りが高い順に上位3社の結果をご覧ください。

20071221_out_2
※今期・配当利回りの高い順に3社を表示。株価は2007年12月21日時点。2008年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2007年12月18日 (火)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。


先週に続いて、配当利回り関連のスクリーニングをご紹介します。
(配当利回りに何か足しているだけですが・・・)

今日は純資産配当率が3期連続5%以上で配当利回り3%以上の会社のスクリーニングです。
(なお、純資産配当率については最後のワンポイントもご覧ください)

今回もハードルが高そうですが、今日の株価で23社該当がありました。
そのうち、配当利回りの高い3社をご覧ください。

20071218_out
※今期・配当利回りの高い順に3社を表示。株価は2007年12月18日時点。2008年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2007年12月14日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

本日は、2008年1集新春号の発売日です。
今号もどうぞよろしくお願いします。
 

さて、今号のチェック作業をしていて感じたのが、
配当利回りの高い会社が増えているということでした。

定期的な配当があれば、少々株価が値下がりしてもカバーできます。
今のような時期は配当などのインカムゲインを重視して長期保有で値上がりを待つという株式投資もいいのではないでしょうか?

そうした投資のご参考になるように、
これから何回かにわたって配当を中心としたスクリーニングをご紹介したいと思います。
 

まず今日は、配当性向50%以上を3期続けていて、今期の配当利回りが3%以上の会社をスクリーニングしてみます。
(なお、配当性向については最後のワンポイントもご参照ください)

なかなかハードルが高そうですが、今日の株価で23社該当がありました。
そのうち、配当利回りの高い3社をご覧ください。

20071214_out_2
※今期・配当利回りの高い順に3社を表示。株価は2007年12月14日時点。2008年1集新春号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2007年12月13日 (木)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 
会社四季報スクリーニングブログが2周年を迎えました。
これもひとえにご覧いただいているユーザーの皆さんのご支援のおかげです。
どうもありがとうございました。

ブログの管理画面を見ると記事の数が262となっていました。

昨年1周年の時は139でしたので、今年1年間で123の記事を書いたようです。
新入社員スクリーニングブログを入れると昨年とだいたい同だと思います)

 
123÷365 = 0.34で、
今年も目標としていた週2回の更新(0.29)は達成できました。

続きを読む »
2007年12月11日 (火)

『会社四季報』編集部です。

 

『会社四季報2008年1集新春号の発売日(12月14日、金曜日)が近づいてきました。 

今号の編集作業をしていて、たいへん目についた言葉が「減額」「一転減益」です。『会社四季報で言う「減額」とは、前号四季報の利益予想に比べて、今号の予想が減少したことを指します。 

会社が下方修正したという意味ではありません。また、「一転減益」は前号四季報では増益になると予想していたのに、今号で減額したことに伴い、一転して減益予想に変わったことを示しています。
 

続きを読む »
2007年12月 7日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

今日は、株主が多い会社をスクリーニングしてみます。
株主数は株主情報の単元株主数を使います。

まずは、結果をご覧ください。

20071207_out
※単元株主数が多い順に表示。2007年4集秋号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2007年12月 5日 (水)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

今日は前期、営業利益が黒字で株価100円未満の会社をスクリーニングしてみます。

この中から、将来株価が急上昇する銘柄が出てくるかもしれません。
(もちろん、実際に投資する際には、他の点も十分考慮する必要がありますが)

まずは、結果をご覧ください。

20071205_out
※証券コード順に20社を表示。株価は2007年12月5日時点。2007年4集秋号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »