2007年9月

2007年9月28日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 
先日、予告しましたとおり、今日は「ネット・ネット株のスクリーニング」をご紹介します。

業績面を考慮するために今期予想と前期実績の営業利益が黒字の会社を対象にしました。
まずは結果をご覧ください。

20070928_out
※予想PERの低い順に10社を表示。株価は2007年9月28日時点。『会社四季報CD‐ROM』2007年4集秋号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2007年9月26日 (水)
2007年9月21日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

サポート・デスクのお問い合わせメールを読んでいると、「週末はスクリーニングで銘柄選び」というユーザーの方がいらっしゃいました。

 

明日から3連休ですし、幸い(?)株価も低調でいろいろな指標も割安となっています。
銘柄選びにはいい時期なのかもしれません。
今日はそんな皆さんに参考になるようなスクリーニングをご紹介します。

購入金額20万円以内で予想PER15倍以下、配当利回り3%以上、ROE10%以上

の銘柄のスクリーニングです。

よく使われる指標をまとめてみました。

少し前まではこのスクリーニングの該当会社があまりありませんでした。
しかし、今日はかなりの数が該当しました(対象は連結のみ)。
配当利回りが高い順に20社をご紹介します。
他の会社はぜひ、スクリーニングでご確認ください。

20070921_out
※配当利回りが高い順に20社を表示。株価は2007年9月21日時点。『会社四季報CD‐ROM』2007年4集秋号を使用。画像をクリックすると拡大します


続きを読む »
2007年9月20日 (木)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

今日は予想PERが3期平均の期末PERより大きく下がった会社をスクリーニングしてみます。

対象は3期平均PERが30倍未満の会社にしました。
該当は1146社でした。

結果は上位20社をご覧ください。

20070920_out
※PER変化が大きい順に上位20社を表示。株価は2007年9月20日時点。2007年4集秋号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2007年9月18日 (火)
2007年9月14日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

  

今日は、『会社四季報』、『会社四季報CD‐ROM』の発売日です。

『会社四季報』2007年4集秋号の表紙には、大きく

2008~09年
増額修正
相次ぐ

とあります。

 

この増額修正とは営業利益予想が前号よりも増加していることを示します。
その中でも前号より30%以上営業利益予想が増加した「大幅増額」の銘柄は大いに期待できます。

ということで、
今日は「2号連続で「大幅増額の銘柄」のスクリーニング」をご紹介します。

紙の四季報では、2冊並べないと2号連続の大幅増額銘柄は調べられません。
しかし、『会社四季報CD‐ROM』ならちょっとした工夫で、簡単にスクリーニングすることができます。

まずは、結果をご覧ください。

20070914_out
※証券コード順に10社表示。『会社四季報CD‐ROM』2007年4集秋号を使用。画像をクリックすると拡大します

続きを読む »
2007年9月13日 (木)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

明日は『会社四季報CD‐ROM』2007年4集秋号の発売です。

WindowsVistaで記事が切れる現象も今号から対応しました。
また、ヘルプファイルもVistaでも表示できるhtmlヘルプに変更しました。

もちろんWindowsXPの方はこれまで通りお使いいただけます。

続きを読む »
2007年9月11日 (火)

『会社四季報』編集部です。
 

『会社四季報』2007年4集秋号の発売日(9月14日金曜日)が近づいてきました。

世界の株式市場が大きく揺れています。
米国の住宅バブル問題に端を発した米国経済の減速懸念や、世界同時株高を支えてきた流動性の縮小リスクが台頭しており、株式市場は当面、視界不良の状態が続きそうです。

ただ、市場のセンチメントが冷え込んだ時こそが、優良な会社を発掘する好機であることは、歴史上の数多くの事例が証明している通りです。

会社四季報編集部では、こうした逆風に立ち向かう投資家の皆様にとって、最大の味方となるのが、小誌『会社四季報』であると確信しています。

続きを読む »
2007年9月 7日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。


最近、「現金預金」「現金および現金同等物」をチェックする機会がありました。

ご存知のように、「現金預金」は貸借対照表「現金および現金同等物」はキャッシュフロー計算書(そもそもキャッシュフロー計算書はこの変動を表したものですが)に記載されています。

これらの項目はキャッシュリッチ企業などをみるときによく使われますが、この両者、数字がかなり異なります。

どのくらい違うか?
今日は「現金預金」が「現金および現金同等物」より多い会社をスクリーニングしてみましょう。

まずは結果をご覧ください。

20070907_out
※現金預金-現金および現金同等物が大きい順にランキング。『会社四季報CD‐ROM』2007年3集夏号を使用。画像をクリックすると拡大します


スクリーニング結果は一部しかご紹介していませんが、全社を見ると、

続きを読む »
2007年9月 4日 (火)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

東洋経済オンラインに連載中の
『会社四季報CD-ROM』 ランキングでみる上場企業

第11回 現金預金

をアップしました。
ぜひ、ご覧ください。

これまでの記事の一覧ページはこちらです。http://www.toyokeizai.co.jp/data/shikihocd/4CD_Ranking.html