2007年8月22日 (水)

スクリーニング機能の基本的な使い方について

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

 

ここ数日、ユーザーの方から「スクリーニング機能の基本的な使い方」について何件かお問い合わせをいただきました。

 

サポート・デスクからの回答でご納得いただけたようですが、
ユーザーズガイドやヘルプファイルだけでは十分でないようなので、今後見直しをしていく必要があるなと反省しています。

 

さて、スクリーニングについては、このブログを含めていくつか弊社のページでご紹介しています。
今日は、そうしたページをご紹介します。

 

まずは、この会社四季報スクリーニングブログです。
2005年12月の開設以来、さまざまなスクリーニングをご紹介してきました。

ただ、記事が増えてきて昔の記事が見つけにくくなってきました。
もう少し、どこに何があるかを分かりやすくしたいと思っています。

 

続いて、2004年4集から2007年2集春号まで行っていた「今号の注目スクリーニング」です。
毎号2~3のスクリーニング条件をCDの条件に登録し、その作り方やデータについてご説明してきました。

2006年3集からはこのブログでご紹介してきましたが、それまではPDFファイルでご提供してきました。
その頃は毎号「スクリーニングの準備」というページをつけていました。

こんな感じです。
http://www.toyokeizai.co.jp/data/shikihocd/scr/pdf/20054/scr20054_1.pdf
スクリーニングをまったく作ったことのない方はこちらもご覧いただきたいと思います。

余談ですが、ここで書いた内容は週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本
のネタ元になっているところが結構あります。

 

他に、ちょっと古いですがラクラクできる 会社四季報CD-ROM
というページがあります。

これは2003年3集のリニューアル時にキャンペーン用に作った小冊子をPDFにしたものです(この小冊子は大型書店等で無料で配布しました)。

ただし、画像が1世代前のVer3ですのでご注意ください。

さらに古いですが、『会社四季報CD‐ROM』スクリーニング"入門の入門"
というページもあります(同じくVer3時代)。

 

他にもいくつかありますが、このくらいご覧いただければ、ある程度使い方がお分かりになるのではないでしょうか。
ご参考になさってください。

 

最後にお知らせです。

★予告
新入社員スクリーニングブログ(仮)を開設します。

 
スクリーニング作成の入門編ブログ、新入社員スクリーニングブログ(仮)を9月下旬に立ち上げます。
担当は今年4月に入社した新入社員です。

初心者の感覚を大切に、スクリーニングの作り方を分かりやすくご紹介していきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

 

(『会社四季報CD‐ROM』編集部 岸本)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/10201027

スクリーニング機能の基本的な使い方についてを参照しているブログ:

コメント

コメントありがとうございます。


ご要望のあったガイドブックは編集部としてもぜひ作りたいと考えています。
早期に実現できるようがんばります。


※コメントのお名前は本名のようでしたので削除させていただきました。表示してもよろしければ再度コメントしてください。すぐに戻します。

基本的なCDーROMの使い方についての新ガイドブックを!

「週一スクリーニング」よりもっと見やすく、易しく(ビジュアル化)て、
バイブルとして、常に座右に置けるようなムック化されたものが
良いのでは。

既刊されている、複数の手解き書(解説書)を体系的に集大成してシリーズ本として数巻に分けて、新規に再出版されては如何でしょうか。
老人、主婦層、学生の必須アイテムとして、もっと普及するのではないでしょうか。