2007年6月13日 (水)

15日は2007年3集夏号の発売日です。

『会社四季報』編集部です。

 

会社四季報2007年3集夏号の発売日(6月15日金曜日)が近づいてきました。

夏号の特徴は、発表されたばかりの3月決算を完全収録している点にあります。

最新の決算内容を踏まえたうえで、四季報記者がどのように業績の見直しを行っているかがポイントとなります。

 

夏号で前号春号の今期予想営業益を増額修正した会社は334社にも上りました。

この中には、四季報が「会社の業績計画は保守的」と見ている会社も数多く含まれており、要注目です。

 

今号では為替の特集を組んでいます。全上場会社にアンケートを送付し、多くの企業から回答を得ました。

主要企業について、今期の想定為替レートや、1円 の円高円安でそれだけ利益に影響があるかを「円高に強い企業・弱い企業」として一覧にしました。

 

各社は1ドル115円前後を前提に業績予想を組んでいる ことが多いようです。

現在はそれより円安で推移しており、輸出企業ならどれだけ業績の上方修正余地があるか、ご自分で見通しを立てるのにぜひお役立て下さ い。

 

7大注目テーマで読む「6~9月投資カレンダー」「上場廃止リスクがある銘柄一覧」は、前回春号で好評を博したこともあり、今回も再び特集として取り上げています。

また、「市場の主役」の次の一手を読む「外国人投資家に学ぶ必勝投資法」は投資家には必見の特集です。

 

より見やすい誌面である大判の「ワイド版」では、オリジナル特集として、「4人の達人が教える『四季報』フル活用の投資術」をお届けします。

また、「月 別・予想配当利回り銘柄ランキング」も四季報独自の配当予想をベースにした編集部自慢のワイド版専用特集です。

 

今号も会社四季報をよろしくお願い致しま す。

 

(『会社四季報』編集部)

 

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/7009588

15日は2007年3集夏号の発売日です。を参照しているブログ:

コメント