2007年3月 9日 (金)

3年連続ROE10%以上で株主持分比率が50%以上の会社のスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

今日は3年連続ROE10%以上で株主持分比率が50%以上の会社をスクリーニングしてみます。

高ROEと高株主持分比率はなかなか両立しないのですが、140社該当しました。
そのうち、証券コード順に10社ご紹介します。

20070309_out
※証券コード順に10社表示。2007年1集新春号を利用。画像をクリックすると拡大します

では、このスクリーニングの作り方をご説明しましょう。

  1. 「スクリーニング」ボタンをクリックします。
     
  2. 「スクリーニング条件の選択」から「新規(N)」をクリックします。
     
  3. 「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「一般連結・財務指標等」→「連・ROE・期末(%)」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>=」、条件値を「10」にして「OK」をクリックします。

    20070309_1

  5. 「No.」の「2」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「一般連結・財務指標等」→「連・ROE・期末(%)」→「2期前本決算(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>=」、条件値を「10」にして「OK」をクリックします。

    20070309_2

  6. 「No.」の「3」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「一般連結・財務指標等」→「連・ROE・期末(%)」→「3期前本決算(-3)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>=」、条件値を「10」にして「OK」をクリックします。

    20070309_3

  7. 「No.」の「4」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「一般連結・財務指標等」→「連・株主持分比率(%)」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。
     
    演算子を「>=」、条件値を「50」にして「OK」をクリックします。

    20070309_4

  8. このような画面になります。

    20070309_opt
    ※さらに決算期も追加しておくとよいでしょう

  9. 「件数検索」をクリックすると該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」をクリックします。
     
  10. 「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選び「表示(V)」をクリックすると結果が表示されます。

●ワンポイント

ROE=当期利益÷株主持分×100です。
この式からも分かるように、利益が増えるほど株主持分は増加していきますので、
ROEを一定に保つにはさらに高い利益をあげなければなりません。

自社株買いなどで株主持分を減らす方法もありますが、
ROEを一定に保っている会社はこの指標をかなり意識しているといえるでしょう。

(『会社四季報CD‐ROM』編集部 岸本)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/6837480

3年連続ROE10%以上で株主持分比率が50%以上の会社のスクリーニングを参照しているブログ:

コメント

結論から申し上げますと現時点では、この方法は使えます。

『会社四季報CD‐ROM』にはROEを直近3期分収録しています。
それより以前のROEを知りたいときに、BPSを使う必要があります。

ご存知のように06年5月の新会社法施行でバランスシートの項目が大きく変わりました。
http://shikiho.toyokeizai.co.jp/kabunushi/index.html

このため、新しい「株主資本」はこれまでと基準が変わってしまいました。
そこで『会社四季報』が「株主資本」との継続性を考慮して考案したのが「株主持分」です。

06年4月期までの「株主資本」と「株主持分」はほぼ同じ内容です。

ですから、すでに登録してあるROEはそのまま使っていただいて結構です。

一方、BPSは06年5月期以降、新基準の1株純資産となっています。
(ただし、この1株純資産は少数株主持分や新株予約権を除いて計算するのでこれまでのBPSとかなり近い数字になります)

しかし、06年5月が4期前になるまではBPSを使う必要はありません。
06年5月が4期前というと、2009年5月期の決算情報が『会社四季報CD‐ROM』に収録されるまでです。

この頃までには、もっと使いやすいやり方で長期のROEが表示できるようにしたいと思っています。

以前、「1株益とBPSで計算するROEのスクリーニング」で9期分のROEを計算するという方法が掲載されていました。ただ、現在の四季報では、ROEは株主持分を使って計算されるのでこの方法が未だ有効なのか分かりません教えてください。