2007年1月12日 (金)

海外売上比率20%以上の会社のスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

先日、ご紹介した海外売上比率を使った「海外売上比率20%以上の会社」をスクリーニングしてみます。

まずは結果をご覧ください。

20070112_out
※海外等比率が高い順に30社を表示。2007年1集新春号を利用

 
では、このスクリーニングの作り方をご説明しましょう。

  1. 「スクリーニング」ボタンをクリックします。
     
  2. 「スクリーニング条件の選択」から「新規(N)」をクリックします。
     
  3. 「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「事業構成」→「海外等比率(%)」→「(直近)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>=」、条件値を「20」にして「OK」をクリックします。

    20070112_1
    ※連結決算実施会社は海外売上比率、単独決算のみ実施会社は輸出(貿易)比率です

  5. 「No.」の「2」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「海外等項目名」→「(直近)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。最後に「OK」をクリックします。

    20070112_2
    ※連結決算実施会社と単独決算のみ実施会社で項目名は異なります

  6. 「No.」の「3」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「事業構成」→「事業構成時点」→「(直近)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。最後に「OK」をクリックします。

    20070112_3

  7. 「No.」の「4」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「連・売上高」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。最後に「OK」をクリックします。
     
  8. 「No.」の「5」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「売上高」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。最後に「OK」をクリックします。

    ※単独決算のみ実施会社は連結売上高の数字がありませんので、単独売上高を表示しておきます。
     
  9. 「オプション(O)」をクリックし、第1キーで海外等比率(%)を選び、「降順」にします。

    20070112_opt

  10. 「件数検索」をクリックすると該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」をクリックします。

    該当会社は780社でした。
     
  11. 「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選び「表示(V)」をクリックすると結果が表示されます。

●ワンポイント
海外売上比率は事業構成の最後に掲載している数値で連結実施会社は【海外】、単独決算しか行っていない場合は【輸出】または【貿易】となります。
 
該当がない、あるいは比率が著しく低い場合は掲載していません。それぞれ、売上高に対する海外売上高、輸出額、貿易額の比率を示します。

【貿易】は商社などの売り上げに占める輸出入・3国間取引を示しますが、現在(2007年1集新春号時点)の該当は1社です。ほとんどは【海外】か【輸出】と考えてよいでしょう。

このデータの更新は本決算時の年1回です。ただ、中間決算でも決算短信などで開示されています。各社のwebで決算短信をご覧になれば調べることもできます。

なお、100-海外売上比率で国内売上比率を算出することもできます。

(『会社四季報CD‐ROM』編集部 岸本)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/6728767

海外売上比率20%以上の会社のスクリーニングを参照しているブログ:

コメント