2006年10月31日 (火)

麦わら帽子は、冬に買え

こんにちは、坂田です。

 

さて、私は、株式投資を含む投資では、哲学が必要だと思っています。

詳細は別の機会として、この哲学を支える1つとして先人の株式格言があります。
株式格言は、主に、株で失敗した人の切実な思いでしょう。

だからこそ、成功談にはない、切実で、なるほど、と頷けるものが多いようです。
私は、このうち、5つほどを大切にしています。

その1つの格言が有名な次の格言です。

 

「麦わら帽子は、冬に買え」

さて、株式に限らず、すべて物の値段は、需要と供給のバランスによって決まります。

麦わら帽子は、陽射しの強い夏場に人気があり、冬は場所をとる分、ジャマになるだけです。
小さいお店であれば、冬には、麦わら帽子は、売っていないかもしれません。

しかし、株は、売り切れはなく、また、季節によって、販売中止もありません。
この格言は、「株は、人気がない安いときに買い、みんなの欲しがる高いときに売る」という大原則を教えてくれています。

10月も今日で終わり。明日からは11月。いよいよ冬の到来です。
中間決算の発表が本格化し、上方修正銘柄が人気になるのは当然です。

けれども、こうした中、蚊帳の外に置かれている優良な銘柄もあるはずです。
この時期に、中間決算期でない銘柄は当然、注目度も落ちます。

人気になっている株ではなく、安値に放置されている株を探しませんか。
きっと、そう長くない将来に、成果が出るでしょう。

(ファイナンシャルプランナー 坂田 善種)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/6610185

麦わら帽子は、冬に買えを参照しているブログ:

コメント