2006年10月24日 (火)

受講生から必ず受ける3つの質問

坂田です。

株式投資の講座やセミナーで講師をしていますと、受講生から必ず受ける質問が3つあります。

1つ目は、「あがる株を教えてください」です。

そして、「損はしたくないので」ということで、「絶対、あがる株」とリクエストがでます。
この場合は、次のように答えています。

「難しいご質問です。株式投資は元本保証がない資金運用の手段の1つです。ですから、絶対はないです。そこで、きちんと、投資とは何かを学んで、そして、学び続けることが大切です。株式投資のリスク(危険)の面を十分に理解して参加することが条件です。」

つまり、損を減らす投資をずっと積み重ねていきましょう、とお伝えしています。

2つ目は、「○○の株は、どうですか?」です。

この質問では、質問したご当人がきっと、お持ちなんでしょうね。
そして、おそらくは、現在は、利益が出ていない状況の場合が多いようです。
この場合は、答えの前に次のように質問をしています。

「その株は、何か材料がありますか。買う材料でも、または、買えない材料(売る材料)は何でしょうか。」

すると、ご質問者から回答が返ってきます。
続けて、「ところで、その株をお持ちですか?」と質問すれば、その回答によって、およそのことが分かります。

いくらで買ったのか、買った理由は何か、どのくらいの期間保有しているのか、この株を今後どうしたいのかが分かります。

びっくりするのですが、多くの場合、ご自分で選んだ株ではないようです。

そして、最後の3つ目は、「利益のでる投資法は何ですか?」という質問です。
これについては、次回、お伝えします。

(坂田善種)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/6601836

受講生から必ず受ける3つの質問を参照しているブログ:

»東京市場は安寄り反発引けで3日続けての陽線!この意味するものは? (成功する株式投資)
東京市場は安寄り反発引けで3日続けての陽線!この意味するものは?2日の東京株式市場は、日経平均ベースで2日続けての小幅安で引けました。まだ、完全陽転しているわけではありませんが、日足チャートのテクニカル分析では、下降第二波動が終了するか、週明けの市場では......
トラックバック送信日: 2006年11月 3日 (金) 11:31

コメント