2006年10月27日 (金)

10万円以内で買える低PBR銘柄のスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

昨日で5回目となった坂田さんの記事はいかがでしょうか。

しばらくの間、火曜日、木曜日にお書きいただく予定です。

楽しみにしてください。

さらに、記事に連動したスクリーニングもご紹介していきたいと思います。

そこで、今日は、女性にお勧め!「超簡易版シンデレラ投資」の、
「10万円以内で買える低PBR銘柄のスクリーニング」を取り上げます。

では、作り方をご説明します。

  1. 「スクリーニング」ボタンをクリックします。
     
  2. 「スクリーニング条件の選択」から「新規(N)」をクリックします。
     
  3. 「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「ダウンロード株価データ」→「DL・日足終値(円)」→「直近DL(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「主要項目」→「連・1株当り株主資本(円)」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    ※会社四季報画面では「1株純資産」と表示されています。


    条件式内容の「+」「/」に修正します。

    条件式名を「PBR(倍)」に修正して、「OK」をクリックします。

    20061027_1

     
  5. 「No.」の「2」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「ダウンロード株価データ」→「DL・日足終値(円)」→「直近DL(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「会社基本情報」→「最新売買単位(株)」→「(直近)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    条件式内容の「+」「*」に修正します。

    条件式名を購入必要金額(円)」に修正し、演算子を「<=」、条件値を「100000」にして、「OK」をクリックします。

    20061027_2
    ※これで「10万円以内で購入できる」という条件になります。最新売買単位は『会社四季報』発売時点です。その後、変更される場合もあります

  6. 「No.」の「3」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「ダウンロード株価データ」→「DL・日足終値(円)」→「直近DL(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>」、条件値を「0」にして、「OK」をクリックします。

    20061027_3
    ※株価がついていない会社を除外します

  7. 「No.」の「4」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。
     
    「主要項目」→「連・1株当り株主資本(円)」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「>」、条件値を「0」にして、「OK」をクリックします。

    20061027_4
    ※債務超過の会社を除外します

  8. 「No.」の「5」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。
     
    「会社基本情報」→「最新売買単位(株)」→「(直近)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20061027_5

  9. 「No.」の「6」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「ダウンロード株数データ」→「DL・最新株数(株)」→「1週前DL(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「一般連結・損益計算書等」→「連・発行済株式数(株)」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    条件式内容の「+」「/」に修正します。

    条件式名を「発行済み倍率(倍)」に修正して、「OK」をクリックします。

    20061027_6
    ※この数字が大きいと直近の本決算日以降に株式分割などを行っている可能性が高いです。十分注意してください

  10. 「オプション(O)」をクリックし、第1キーで「PBR(倍)を選び、「昇順」にします。

    20061027_opt

  11. 「件数検索」をクリックすると該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」をクリックします。

  12. 「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選び「表示(V)」をクリックします。
     
  13. 「表示社数の選択」画面で「OK」をクリックします。すると結果が表示されます。
続いて、結果をご覧ください。

20061027_out_1
※PBRが低い順にランキング。株価は2006年10月27日時点。2006年4集秋号使用


ここで、発行済み倍率は必ず確認してください。
例えば、8766ミレアホールディングスは発行済み倍率が501倍となっています。

この会社の資本異動欄を見ると9月に1→500の株式分割を行っています。
このため、株価は500分の1の水準になっています。

しかし、1株当り株主資本は2006年3月末時点なので、この数字は現時点の500倍です。

これを考慮して計算し直すと、
株価:4580円(2006年10月27日時点)
調整後1株当り株主資本:3820円(1,910,092.71÷500)
PBR=4580÷3820
   =1.20倍
となります。

こういうケースは発行済み倍率と資本異動欄を確認すればわかりますので、必ず見るようにしてください。

また、ミレアの売買単位は10月2日から100に変更になっていますので、「購入必要金額」は45万8千円となります。

『会社四季報CD‐ROM』は一部ダウンロードデータ以外は発売日時点(2006年4集秋号では2006年9月14日)のデータを基本としています。
そのため、こういった問題が起こることもあります。

『会社四季報CD‐ROM』発売後の住所変更、売買単位変更などは
企業データバンクで確認できます。

8766ミレアホールディングスはこちらをご覧ください。

『会社四季報CD‐ROM』にはリンクボタンも用意していますのでご利用ください。


(『会社四季報CD‐ROM』編集部 岸本)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/6604896

10万円以内で買える低PBR銘柄のスクリーニングを参照しているブログ:

コメント