2006年9月14日 (木)

時価総額がネットキャッシュより少ない会社

2006年4集秋号・今号の注目スクリーニング①
「時価総額がネットキャッシュより少ない会社」

スクリーニング結果については、
『会社四季報CD‐ROM』の「スクリーニング条件の選択」→「既存条件」→「今号の注目スクリーニング」でご確認ください。

  1. 「スクリーニング」ボタンをクリックします。
     
  2. 「スクリーニング条件の選択」から「新規(N)」をクリックします。
     
  3. 「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「ダウンロード株価データ」→「DL・週足終値(円)」→「1週前DL(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「ダウンロード株数データ」→「DL・最新株数(株)」→「1週前DL(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「一般連結・貸借対照表等」→「連・現金預金」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「一般連結・貸借対照表等」→「連・有利子負債」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    20060914_1

  5. 条件式内容の最初に「(」を入力します。

    続いて、[DL・週足終値(円)(-2)]と[DL・最新株数(株)(-2)]の間の「+」「*」に修正します。

    [DL・最新株数(株)(-2)]と[連・現金預金(-1)]の間の「+」「/1000000)/(」に修正します。

    [連・現金預金(-1)]と[連・有利子負債(-1)]の間の「+」「-」に修正します。

    最後に「)」を追加します。

    条件式名を「時価総額・ネットキャッシュ倍率(倍)」に修正し、演算子を「<」、条件値を「1」にして、「OK」をクリックします。

    20060914_2

  6. 「No.」の「2」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「ダウンロード株価データ」→「DL・週足終値(円)」→「1週前DL(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「ダウンロード株数データ」→「DL・最新株数(株)」→「1週前DL(-2)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    条件式内容の「+」「*」に修正します。最後に「/1000000」を追加します。

    条件式名を「最新時価総額(1週前時点)」に修正して、「OK」をクリックします。

    20060914_3
    ※「/1000000」を追加することで100万円単位になります。

  7. 「No.」の「3」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「ダウンロード株価データ」→「DL・週足終値(円)」→「1週前DL(-2)」を追加します。

    条件式名を「1週前・週足終値(円)」に修正し、演算子を「>」、条件値を「0」にして、「OK」をクリックします。

    20060914_4

  8. 「No.」の「4」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「ダウンロード株数データ」→「DL・最新株数(株)」→「1週前DL(-2)」を追加します。

    条件式名を「1週前・最新株数(株)」に修正し、演算子を「>」、条件値を「0」にして、「OK」をクリックします。

    20060914_5

  9. 「No.」の「5」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「一般連結・貸借対照表等」→「連・現金預金」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    続いて、「一般連結・貸借対照表等」→「連・有利子負債」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    条件式内容の「+」「-」に修正します。条件式名を「ネットキャッシュ」に修正し、演算子を「>」、条件値を「0」にして、「OK」をクリックします。

    20060914_6

  10. 「No.」の「6」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「一般連結・貸借対照表等」→「連・現金預金」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20060914_7

  11. 「No.」の「7」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「一般連結・貸借対照表等」→「連・有利子負債」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20060914_9

  12. 「No.」の「8」を選んで「条件式追加(A)」をクリックします。

    「主要項目」→「連結・決算期」→「前期本決算(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。続いて「OK」をクリックします。

    20060914_10_2


  13. 「オプション(O)」をクリックし、第1キーで「時価総額・ネットキャッシュ倍率(倍)」を選びます。

    20060914_11


  14. 「件数検索」をクリックすると該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」をクリックします。
     
  15. 「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選び「表示(V)」をクリックします。
     
  16. 「表示社数の選択」画面で「OK」をクリックします。すると結果が表示されます。
  

●このスクリーニングのポイント

ネットキャッシュは現金預金から有利子負債を引いて算出します。

「時価総額・ネットキャッシュ倍率」が1倍未満ということは、市場でその会社の株式をすべて買い占めても、社内にはそれを上回る実質現金があるということです。

買収する側にとっては、非常においしい会社といえます。

数字は必ずしも、1倍未満にこだわる必要はありませんが、M&Aが活発になりつつある中、気になる指標の一つです。

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/6517993

時価総額がネットキャッシュより少ない会社を参照しているブログ:

コメント

>ネットキャッシュは現金預金から有利子負債を引いて算出します。

ネットキャッシュは現金預金+有価証券から有利子負債を引いて算出するのではないのですか?
御社の別の資料にもそのように書いてありますが。

http://www.toyokeizai.co.jp/data/shikihocd/scr/pdf/20044/scr20044_3.pdf

> 最後に「/1000000」を追加します。

なぜ100万で割るのでしょう?

おそらく「単位合わせ」のためなのでしょうが
四季報CD-ROMのデータは「単位」が何なのかわからないことが多く
(○○○株なのか○○○百万株なのか、○○○円なのか○○○百万円なのか)
いつも困惑します。

PCの環境が関係していると思います。こちらでは、具体的な操作に関するご質問はお答えできません。CD‐ROMサポートデスクにお問い合わせください。

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.toyokeizai.co.jp/data/shikihocd/faq_user/index.html

ブログの基本方針はこちらです。
http://shikihocd-blog.toyokeizai.co.jp/2005/12/post_4999.html

「会社四季報CD-ROM」2006年秋号付録の14ページ以降の指示に従ってスクリーニングをプログラミングを実行して成功したのですが、プリントをクリックして、3分程度待っても印刷を実行しません。
 何故でしょうか、原因を教えてください。