2006年9月

2006年9月29日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

この間、「退職給付信託」という言葉を久しぶりに新聞で目にしました。


「退職給付信託」は、退職給付の積み立て不足を解消するために、持ち合い株や現金等を信託銀行に信託口として拠出するという制度000年(決算期では2001年3月期)に始まりました。

企業にとって、
持ち合い株をバランスシートから消すことができ
さらに議決権はそのまま企業に残るというメリットの多い制度です。

2000年頃は年金の積み立て不足が問題視されていた時期で、
制度が開始されると、保有株式を拠出する企業が続出しました。
(最近は持ち合い株だけでなく現金拠出も増えているようです)

続きを読む »
2006年9月28日 (木)
2006年9月26日 (火)
2006年9月21日 (木)

2006年4集秋号・今号の注目スクリーニング③
「有利子負債が売上高より多い会社」

スクリーニング結果については、
『会社四季報CD‐ROM』の「スクリーニング条件の選択」→「既存条件」→「今号の注目スクリーニング」でご確認ください。

続きを読む »
2006年9月20日 (水)

2006年4集秋号・今号の注目スクリーニング②
「3期連続で株主資本配当率5%以上の会社」

スクリーニング結果については、
『会社四季報CD‐ROM』の「スクリーニング条件の選択」→「既存条件」→「今号の注目スクリーニング」でご確認ください。

続きを読む »
2006年9月19日 (火)
2006年9月18日 (月)
2006年9月15日 (金)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

今日は、昨日に引き続き、『会社四季報プロ500』2006年秋号29ページでご紹介している「経常増益率の高い銘柄」のスクリーニングをご紹介します。

表示項目や並び方などは、少し異なっていますが、誌面掲載とほぼ同じものです。

では、作り方をご説明します。

続きを読む »
2006年9月14日 (木)

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

今号から、『会社四季報CD‐ROM』に『会社四季報プロ500』のグループ情報を収録しています。

これにあわせて、『会社四季報CD‐ROM』、『会社四季報プロ500』の両編集部がより連携を深めていくことにしました。

ユーザー、読者の皆様にお役に立つような情報をこのブログでもご提供していきます。

今日は、『会社四季報プロ500』2006年秋号29ページでご紹介している「低PER、低PBRの銘柄」のスクリーニングをご紹介します。

なお、このスクリーニングでは「予想1株益が増益」という条件も付け加えます。

では、作り方をご説明します。

続きを読む »

2006年4集秋号・今号の注目スクリーニング①
「時価総額がネットキャッシュより少ない会社」

スクリーニング結果については、
『会社四季報CD‐ROM』の「スクリーニング条件の選択」→「既存条件」→「今号の注目スクリーニング」でご確認ください。

続きを読む »