2006年5月12日 (金)

7月8月決算で監査法人が「中央青山」の会社をスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

中央青山監査法人が金融庁から7月から8月にかけて「業務の一部停止2カ月」という処分を受けました。

特に7月、8月決算の会社が大きく影響を受けるようです。

そこで、今日は7月から8月に本決算を迎える会社で監査法人が中央青山の会社をスクリーニングしてみます。

該当は13社でした。まずは結果をご覧ください。

20060512_out
※2006年2集を使用。2006年3集以降は「監査法人」は「会計監査人」に変更

このスクリーニングの表示方法はいくつかありますが、
今日は「グループ登録」を使った方法をご説明します。

では、始めます。

  1. コマンドバーの「グループ」ボタンをクリックします。

    20060511_1

  2. 「グループ登録」画面になりますので、「グループ読込」ボタンをクリックします。

    20060512_2

  3. 「登録グループの読み込み」画面になります。

    「決算期」→「7月決算」を選んで「OK」を押します。

    20060512_3

  4. 7月決算の会社23社が「グループ登録」画面の左側に候補会社として表示されます。

    20060512_4

  5. 「全追加」ボタンをクリックします。これで、23社が右側に移ります。

    20060512_5

  6. 「グループ読込」ボタンをクリックします。

    「決算期」→「8月決算」を選んで「OK」を押します。

    8月決算の会社50社が左側の候補会社として表示されます。

    20060512_6

  7. 「全追加」ボタンをクリックすると、先ほどの7月決算の23社にこの50社が追加されて73社となります。

    これで、準備が終わりました。

    この73社を新しいグループとして保存します。

    「グループ保存」ボタンをクリックします。

    20060512_7_1

  8. ユーザー作成グループに「登録グループ」として登録します。
     
    たとえば、「7月8月決算の会社」と入力して「保存」ボタンをクリックします。

    続いて、「閉じる」ボタンをクリックします。

    20060512_8_1

  9. これでスクリーニングの表示の際に使えます。

    先日、ご紹介した監査法人が「中央青山」の会社のスクリーニングの6で

    「対象会社」画面で「ユーザー作成グループ」→「7月8月決算の会社」を選び「表示(V)」を押します。

    20060512_9

  10. 「表示社数の選択」画面で「OK」を押します。すると結果が表示されます。

●ワンポイント
グループ機能を活用するとスクリーニング条件式だけではできないことが可能になります。

たとえば、「貸借銘柄を表示させたい」、「東証1部の銘柄を表示させたい」といった場合には、すでに組み込まれているグループを使って表示します。

応用として「東証1部で貸借銘柄」といった場合には、今回ご紹介したような既存のグループを組み合わせて新しいグループを登録することで行えます。

グループ機能を活用すれば、『会社四季報CD‐ROM』の高度な利用が可能になります。
ぜひ、お試しください。

(『会社四季報CD‐ROM』編集部 岸本)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/1165185

7月8月決算で監査法人が「中央青山」の会社をスクリーニングを参照しているブログ:

»監査法人、金と法と名誉と (ニュースとビジネスの点と線)
監査法人に関する記事が日経に毎日にように登場していたね。5月9日「中央青山業務
トラックバック送信日: 2006年5月14日 (日) 17:03

コメント