2006年5月 2日 (火)

「自社」が筆頭株主の会社のスクリーニング

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

「自社が筆頭株主の会社」という一覧が新聞などで紹介されることがあります。

新聞や雑誌などで紹介されているこうした一覧やランキングなどは『会社四季報CD‐ROM』で作れることも少なくありません。

今回はこの「自社が筆頭株主の会社のスクリーニング」をご紹介しましょう。

  1. 「スクリーニング」ボタンをクリックします。
     
  2. 「スクリーニング条件の選択」から「新規(N)」をクリックします。
     
  3. 「条件式追加(A)」をクリックします。
     
  4. 「株主情報」→「大株主名」→「最新(-1)」を選んで「↑追加(A)」をクリックします。

    演算子を「等しい」、条件値を「自社(自己株口)」にして「OK」を押します。

    20060502_1
    ※『会社四季報』では「自社(自己株口)」という株主名になっています。

  5. 「オプション(O)」をクリックし、第1キーで「大株主名(-1)」を選び、「昇順」にします。

    20060502_2
    ※昇順にしておくことで、大株主の1位に「自社(自己株口)」がある会社、2位に「自社(自己株口)」がある会社、・・・という固まりで表示されます。

  6. 「件数検索」を押すと該当件数が表示されます。続いて「表示(V)」を押します。

    「対象会社指定」画面で「既存グループ」→「業種(大分類)」→「全社」を選び「表示(V)」を押します。

    「表示社数の選択」画面で「OK」を押します。すると結果が表示されます。

    ただ、これでは「自社(自己株口)」が大株主にいる会社がすべて表示されます。
    そこで2位以下の会社を除外する必要があります。

    まず、2位の始まりである「No.」の「110」をクリックします。

    20060502_3_1
    ※画面は2006年2集を使用。号によって異なるので注意

  7. 不要な会社を削除します。

    右側のスクロールバーで一番下まで表示させます。

    そして、シフトを押しながら最後の「No.」の「1065」をクリックします。

    すると、番号の列が黒い表示になります。
    (No.110から1065までが選択された状態です)

    そのままの状態でメニューから「編集(E)」→「削除(D)」→「行削除(R)」を選んで「OK」を押すと削除されます。

    20060502_4
    ※画面は2006年2集を使用

  8. 自社(自己株口)が1位のうち、株数が少ない会社の順番になっています。

    20060502_5
    ※画面は2006年2集を使用

  9. 続いて、「コード」の文字の上あたりをクリックします。すると、コード順(昇順)に並び変わります。
    もう一度クリックすると降順になります。

    20060502_6
    ※画面は2006年2集を使用

●ワンポイント
この状態で右上の「グループボタン」をクリックすると表示されている「自社が筆頭株主の会社」をグループ登録できます。

グループに登録しておけば、この会社を対象にしたスクリーニングも可能です。

たとえば、「自社が筆頭株主でROEが高い会社のスクリーニング」なども作れます。
お試しください。

(『会社四季報CD‐ROM』編集部 岸本)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/1145939

「自社」が筆頭株主の会社のスクリーニングを参照しているブログ:

コメント