2006年2月28日 (火)

すごいぞ!次号の新機能1

『会社四季報CD‐ROM』編集部です。

いよいよ16日の発売日に向けて私たち編集部も作業のピークに入りました。

本当はのんびりブログを書いている場合ではないのですが、今日は次号の新機能についてご紹介します。
このブログをご覧の方だけにこっそり画面もお見せします。

今号最大の新機能は以下の2つです。

①スクリーニング条件、会社比較条件、ユーザー登録項目インポート、エクスポート機能

スクリーニングの登録画面の機能アップ

宣伝では①を前面に出していますが、私は②の機能アップが気に入っていますので、
まずこちらをご紹介します。

スクリーニング条件を頻繁に作ったことのある方ならお分かりだと思いますが、
これまでは登録したスクリーニング条件式を後から上にしたい、下にしたいというとき、非常に不便でした。

前からずっと直したいと思っていましたが、やっと「項目の上下機能」を実現することができました。

  1. 新しい画面です。

    20060228_n1
    ※画像をクリックすると大きくなります。


  2. 上にしたい条件式を選びます。
    ここでは、「連結・決算期(0)」を選びました。

    20060228_n2

  3. 「条件式を上へ」を3回クリックすると一番上になります。

    20060228_n3
    ※表示のチェックを外すとその項目は結果シートに表示されません。これも新機能です。

どうですか。スクリーニングの作成時間が大幅に短縮しますよ。

(『会社四季報CD‐ROM』編集部 岸本)

トラックバック

このページのトラックバックURL: http://bb.lekumo.jp/t/trackback/5408/1063976

すごいぞ!次号の新機能1を参照しているブログ:

コメント

3/28には、青丸が多発しました。「DL・日足権利落」も、一日分「(-1)」だけでは翌日から判らなくなるので、数日分をand条件で入れました。

>コメントの初期設定は名前が下に来るようになっています。
>見にくいですかね。
いや、誤解して、失礼しました。
コメントと名前の間に罫線があって、名前と次のコメントとの間には何もないので、名前と次のコメントが一体に見えました。

「DL・日足権利落」などでわかります。

具体例としましては、
「スクリーニング条件の選択」→「既存条件」→「株式投資に役立つスクリーニング」→「最新・株式時価総額(ダウンロード後)」を表示してみてください。

参考になると思います。

もちろん、カスタマーサポートにお問い合わせいただいても結構です。

コメントの初期設定は名前が下に来るようになっています。
見にくいですかね。

社内で聞いてみて、評判が悪ければ名前が上に来るように設定します。

項目の非表示機能が追加になってましたね。見やすくなって便利。
やはり「「[DL・最新株数(株)(-2)]」は毎週最終営業日(だいたい金曜日)にその1週間前の金曜日のデータ」ですか。チャート上の青丸で確認しか無い?
それとも「DL・権利落ち」で判る?
それと、コメントと名前の対応が、(3/26朝時点)ずれてますよ。

財務データなどは基本的に開示が100万円単位です。
そのため、円単位まで表示できないデータがほとんどです。

『会社四季報CD‐ROM』では単位に何も書いてない項目は100万円単位、それ以外は基本的にカッコ内に単位を表示するようにしています。

「[DL・最新株数(株)(-2)]」は毎週最終営業日(だいたい金曜日)にその1週間前の金曜日のデータをダウンロードできます。
(木曜日には、ほぼ2週間前のデータになります)

※こういったご質問もカスタマーサポートで受け付けております。ご遠慮なくお問い合わせください。

その機能、素晴らしいです。

出来れば、データをエクセルにコピー出来るようにしてほしいですが・・・。

「項目の上下」、つい昨日、追加、削除でやりました。「項目の上下機能」があればなぁと、思っていたところでした。
ちなみに、「[連・当期利益(1)]」「[DL・日足終値(円)(-1)]*[DL・最新株数(株)(-2)]」を主に利用しています。「[DL・最新株数(株)(-2)]」も有難かった。「[連・当期利益(1)]」等、取材・予想 にも期待しています。
ところで「[DL・最新株数(株)(-2)]」は、どの時点で更新されるのでしょう。この時期、分割が多いので。

四季報ありがたく使わせていただいております。
検索項目で営業利益の単位は百万円かと、思いますが、
単位を円にすべて統一していただくと、
計算する際、非常に便利になるとおもいます。
それか、検索項目の横に、単位(百万円)と
書いてあるといいのですが。